ざっくりとビザの概要を知る

海外に転職したいという方は当然ご存知のことと思いますが、就労ビザを取得しなければなりません。ビザにはざっくり観光ビザと就労ビザと2種類あります。そしてその国で働くためには就労ビザを取得します。

 

国によって取得できる人の基準が異なり、日本人が取得しやすいのはシンガポールと言われています。他の国も比較的取得しやすいところもあれば、困難なところもあるし、時間がかかるところもあります。

 

日系企業や日本企業に雇われた場合でなく、現地採用で社員になった場合などはより難しくなるでしょう。それはその国の雇用を守るためだからです。海外転職者よりもその国のもともとの国民のほうの雇用を守りたいと思うのは当然ですからね。

 

その国民よりも、ある特定の分野のスペシャリストであったり、専門の技術や学位を持っていることを証明するのです。そして必要書類を記入して雇用主と協力して進めていきます。従って、あなたがその国の、その会社にどれだけ必要なのか、あなたでなければできない仕事なのかということをアピールしなければなりません。

 

また就労ビザを取得したあとは数年の期間がもらえたり、延長申請を出したりといった事になります。これはその国によって申請が異なります。

▲ページトップに戻る